口臭の原因

「口臭」は単に個人的な悩みの問題としてだけでなく、人と人とのコミュニケーションを妨げること、また、介護の必要な高齢者をケアする際にも大きな障害になるなど、わたしたちの社会生活において決して無視できない問題です。

口臭の原因

(1)歯垢

歯の間などに付着した歯垢が時間の経過とともに、口腔内細菌の働きで腐敗をおこすことによって発生する口臭です。その主な成分は、揮発性硫黄化合物(V olatile Sulfur Compounds; VSC)です。

(2)舌苔

生理的口臭の6割ほどは、舌上に付着した舌苔(ぜったい)から発生しています。歯や歯茎のブラッシングは怠らなくても、舌を綺麗にする人は少ないのが現状です。

(3)口の渇き

唾液には抗菌作用があり、細菌や食べ物のかすを洗い流してくれますが、その唾液の分泌が減ると細菌にとって好ましい環境となり、口臭は強くなります。

(4)歯周病・歯肉炎など

歯周病の原因である微生物が発生するガスは、強力な腐敗臭を放ちます。

(5)その他の病気

いくら歯をみがいても、歯医者に行っても治らない口臭の場合、口腔以外の、全身に由来する病的な口臭である疑いがありますが、

実際この分類に属する患者さんはきわめてまれです。

(6)食べ物

においの強い食べ物(ニラ、ニンニク、ラッキョウ、ネギ、たくあんなど)を食べた後に、口臭がひどくなることがあります。

また、飲酒・喫煙によっても起こります。

これらは、一度体内に取り込まれたにおいの元の成分が胃で消化された後、血液を介して全身を循環し、肺を経由して吐き出されています。

口臭の原因には、他にも

などが考えられます。

口臭はどこから発生しているの?

口臭

 

口臭は人に相談できない、つらいものです。

しかし、その原因は多くの場合“舌の汚れ”によることが多いものです。

口臭の主な原因である揮発性硫黄化合物(VSC/硫黄ガス)は、主に舌表面の後方中央部にたまった舌苔から発生しています。

その為、専用のブラシなどを使って除去します。

いずれにしても、当院では十分なカウンセリングや検査に基づき、口臭の除去のみならず口腔内全般のケアも含んだご本人に最良の治療及びアドバイスを致しますので、お一人で悩むことなくお気軽に当院にご相談ください。

診療室

ページの先頭に戻る