インプラント

失った歯を取り戻すインプラント治療

インプラント01

インプラントは、失った歯の代わりに人工の歯の根(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯冠を被せる治療方法です。

治療方法は、まず最初に顎の骨にチタン合金の人工歯根を埋め込み、骨と完全に固定されるまで3~6か月ほど待ちます。

その後、人工歯根の上に人工歯冠をかぶせて完了します。

治療期間は本数や人工歯根の骨との馴染み具合によって異なりますが数ヶ月程度です。

治療後の食生活が飛躍的に向上するのがメリット

入れ歯やブリッジに比べて安定性に優れているため、自分の歯と同じように何でも噛め、

口の中の違和感も少なく、おいしく食事ができ人前でも自信を持って話したり笑ったりでき

食生活が飛躍的に向上するのがメリットといえます。

失った歯を取り戻すのと同時に、審美的にもきれいな歯が得られるのも、大きな利点といえるでしょう。

インプラント治療は、具体的には特に次のような人には適しているといえます。

当院では、900病例以上の豊富な経験と最先端技術と材料で皆様の御要望にお答えしています。

更に詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお尋ね下さい。

インプラント治療のイメージ

インプラント治療01

まず、レントゲンなどのよる十分な診断を行い治療の計画についての説明をします。


インプラント治療02

歯のぬけたところへインプラントを植え込んだあとあごの骨にしっかり固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。


インプラント治療03

インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上に取り付けます。


インプラントと各種治療法の違い、利点

インプラント治療06

磁石式入れ歯+インプラント

1~4本のインプラントを埋めます。その上に磁石式入れ歯を作ります。強力な磁石ではずれにくい入れ歯が出来ます。

磁石式インプライイト入れ歯  

磁石式インプライイト入れ歯


ページの先頭に戻る