予防歯科について

『予防歯科』の勧め

むし歯や歯周病のような慢性疾患は、悪くなるたびに治療を繰り返していたのでは、健康に決してプラスになりません。

歯や歯ぐきの病気の多くは、細菌の感染症です。ひどくなるかどうかは、生活習慣や体質によって決まります。

ですから、原因をなくし、生活習慣やからだの弱点を改善することが本当の治療です。

そうすれば、年をとっても歯で苦労する心配はありません。

慢性の病気では、予防が最良の治療です。治療中心の医療から、軸足を予防に移すことは、日本に限らず世界の潮流です。

しかし日本では、健康管理のために歯科医院を定期的に利用している人は、まだわずかです。

それもいったん歯を悪くした人が、健康管理の大切さに気づいて通っているのが実状です。

ところが、調査によると、健康管理の受診経験者のある人のうち95%もの人が、今後もそのような通院を続けると答えています。

悪くもないのに歯医者に通う。これは一見不必要なことのようですが、

その価値を知りその気持ちよさを経験した人にとっては、まるで美容院で髪をセットするような習慣になっているのです。

私たちは、ひとりでも多くの人が歯科医院の利用の仕方を変えることを願っています。

治療を受けるためではなく、健康を守るためのかかり方への転換です。

歯科衛生士から一言

私たちは主に診療室で口腔保健指導、予防歯科処置、専門的な歯周病の処置、プロフェッショナルクリーニングなどを行っています。

当院では、我々歯科衛生士が医師に負けないくらい重要な役目を負っています。

今後も皆様が生活の質と健康を保てるように、日々の診療に従事していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

はじめに・・・・・

ばい菌

お口の中には、目に見えない細菌が多く存在します。


虫歯

細菌が集団で固まり、歯に強く付着すると、日常のブラッシングでは取り除きにくいバイオフィルムが形成されます。


磨く

バイオフィルムは、歯科医院で専門的に行うプロフェッショナルケアで取り除かなければなりません。

放っておくと、むし歯や歯周病などの原因になります。


磨く2

また毎日ご家庭で行われるブラッシングは、セルフケアと言い、ブロフェッショナルケアと共にとても大切です。


ケア

プロフェッショナルケアとセルフケアを両立し、お口の中をいつまでも健康に保ちましょう。


バイオフィルムとは、

歯面に付着している様々な細菌が、集団となって共同体を形成している状態のことを言います。

時間の経過と共に強く付着し、ブラッシングだけでは取り除きにくくなります。プロフェッショナルケアで行う歯面清掃により、

強固なバイオフィルムも除去することができます。

予防歯科02

虫歯のない人(ある人)もサアー、頑張って私達スタッフと力を合わせて歯を守りましょう!!

ページの先頭に戻る