ホワイトニング

ホワイトニング

変色した歯を削らずに白くする方法です。歯の漂剤を歯の表面に塗り、可視光線・レーザー光・熱・高周波電流などを当てて漂白効果を促進します。

歯を削らないので痛みはありません。

年をとって黄ばみが強くなった歯、神経のある歯・ない歯など、ほとんどの歯を白くできます。

治療は短期間ですみ、変色の程度によっては1回の治療で効果があります。

また、ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と自宅で行う「ホーム・ホワイトニングとがあります。

オフィスホワイトニングは1回1時間程度前歯に行います。1~2回ぐらいで効果が現れます。

上下の歯は別々に行ったほうが効果がよく分かって良いようです。

オフィスホワイトニングを行われる方にはホームホワイトニングもセットになっています。

(もちろんホームホワイトニングのみでもOKです。)

治療の流れ (オフィス・ホワイトニング=診療室でのホワイトニング)

  1. まず歯石をとり、むし歯があれば、その治療をいたします。口腔内撮影をして、治療前の歯の色合いを記録しておきます。
  2. 型をとりトレーを作ります。
  3. トレーに薬剤をぬり、お口に入れます。
  4. 1~2週間おきに来てもらい、色の変化を記録、確認します。
  5. 後は色の後戻りがないように、定期検査に来てもらい、必要に応じて歯のチェック行います。

変色歯を自然な白さに

変色歯を自然な白さに

金属修復物の色調改善に

金属補綴物術前

ページの先頭に戻る